このブログを検索

2017-11-19

2017年11月17日 たった一日秋晴れの桃源谷

草原の広がる桃源谷を望む、中央のピークが彎坑頭山
台湾には台北近郊の低山から3000m級の高山を含め、相当数の峰々がある。限られた時間の中で、できるだけ多くの山を登りたい。同じ山を何度も登るのは、筆者の好みではない。知らない新しい山を登ることは、事前に調査研究しそれを実行するという、好奇心や冒険心を満たしてくれる。過去数年のブログで紹介してきた山は、もちろん同じ山もあるが、ルートが違ったり上り下りの方向が違ったりと、変化をつけたものが多い。

大里から彎坑頭山へ登り、桃源谷を歩いて大溪へ下る
一気に最高点に上り、そのあと下る
そうした中で、再び訪れてもいいと思う場所もある。それは今回の海が見える草原の山、桃源谷だ。谷という名がついているが、実は緩やかな斜面である。過去に訪れてだいぶ時間も経っている。初回訪問後、近くを訪れたことはもちろんあるが、彎坑頭山から鹿窟尾尖との鞍部分岐までの稜線は、もう6年歩いていない。草原の山は、霧に閉ざされてはつまらない。ましてや、雨風の中では隠れるところもなく、風雨中の行軍練習でもなければ、行く意味がない。そうしたことで、天気予報で確実に晴れを待って訪れた。

この範囲は山頂からはっきり見えた
山行後聞いたところ、実は訪れる前の日は雨は降らなかったようだが、霧がかかっていたようだ。また、翌日には雨が降り、当日は寝転がって休んだ同じ草原の近くで、雨と風に打たれて筆者と同年齢の登山者が遭難し、救助されたときは心肺停止の状態だったということだ。一日だけの秋晴れだったようだ。今年の秋は、台湾北部は本当に天気が悪い。まさに、雲のない晴天で日焼けまでしたが、実にラッキーな登山ができたということだ。

大里駅前から彎坑頭山を見上げる
吾居吾墅民宿わきから登る
天気予報をにらんで、実行の前々日夜に行くことを決め、Facebook上に予定を載せたこともあり、また平日なのでメンバーは少ない。また、参加を予定していた二人も、予定の電車に乗り遅れ、結局しばしば一緒に山登りをするLさんとの二人だ。6時25分に台北駅を204番自強号の急行で出発、雙溪で途中追い抜いた区間ローカル電車に乗り換える。8時前に大里駅に到着した。

彎坑頭山へ1500mの表示、下って沢を渡る
滝のある沢を渡る
ほかに数名のハイカーが下車する。かれらは、草嶺古道から登るようで、駅の右に向かう。こちらは、駅らから直接彎坑頭山へ登り稜線に上がる。駅前の民宿吾居吾墅民宿のオーナーがメンテする吾居吾墅歩道を経由して登る。この道は、去年下ってきた道で、かなりの急坂が続く。8時5分、多くの大型トラックが高速で通り過ぎる濱海公路を渡り、吾居吾墅民宿の脇の道を行く。吾居吾墅民宿の壁には、彎坑頭山へは2㎞と記してある。

龜山島を望む
舗装路を少し行き、畑わきの土の道を歩き始める。すぐに山腹を行く保甲路との分岐を過ぎ、急坂が始まる。8時11分、駅まで200mの標識を見る。この坂には硬漢坡(さしずめ日本でいう、男坂)と名付けられている。8時22分、急坂が終わり右に石積の低い壁と見ると、彎坑頭山まで1500mの標識が現れ、下って行って沢を超える。雨が長く降り続いているので、水量が多い。わきの滝も見ごたえがある。

彎坑頭山はまだ高い
急坂が続く
沢を渡ると、また急坂が続く。8時36分、枝尾根に上がる。左に展望台があるので行ってみる。すでに200mぐらいは登ってきている。海に浮かぶ龜山島は、背後の水平線がぼんやりして空と海の区別がつかないので、宙に浮いているかのごとくだ。去年この道を下ってきたときは、山は霧でこの辺りまで下ってきて初めて、景色が見えた。引き続き登る。右手に彎坑頭山がまだかなり高い。少し緩やかな道を過ぎ、8時52分残り1000mの標識と硬漢嶺の看板を見ると、また急坂が始まる。9時15分、残り500mの看板を通過する。その少し上で休憩をとる。標高は500m弱、残りは少なくなってきた。

大里簡山への分岐
しっかり刈られた矢竹の急坂を登る
9時33分、右に大里簡山方向への道を分ける。その上少しで、別の展望点がある。今日は天気が良いので周囲が見渡せる。9時40分、灌木から抜けて矢竹の間を頂上に向けて山道が登っていく。矢竹はしっかり刈られて、手入れがよい。最後の急坂を登り9時52分、石畳の登山道に合流、左におれてすぐに彎坑頭山の頂上だ。標高616mの山頂は、桃源谷の山並みでは最高点だ。海抜ほぼ0mからのスタートなので、約600mを2時間弱で登ったことになる。
吾居吾墅歩道の分岐(白の標識)上から北方向を望む

彎坑頭山山頂にて、背後は五分山や燦光寮山や草山
数羽の鷹が空を舞う
今日は、本当に良い天気だ。雨で洗われ、空気は澄んでいる。燦光寮山や草山から、その左に五分山から姜子寮山の山並み、その間には遠く陽明山系の山々が見える。貢寮から福隆の平地と、その右には海岸線、そして卯里尖、隆隆山や福隆山からここへ脈々と続いてくる山並みで海が左右に仕切られている。西から南側にかけては、坪林や雙溪の山々が見える。360度がすべて展望できる。空には数羽の鷹が空中を舞っている。暫くぶりに天気が良いので、獲物を探しているのだろう。30分ほどゆっくり休憩をとる。

登山道からは眼前には大パノラマが広がる
彎坑頭山からの下りで海側を望む
振り返り灣坑頭山を望む
草原で寝ころび休憩
石畳の道を下る。桃源谷は、左海側は切り立っているが、右の山側は緩やかな草原が広がる。彎坑頭山は矢竹でおおわれているが、草原には芝生が広がる。そこには、放牧された水牛が草を食み、くつろいでいる。道脇には、ススキの穂が風になびく。陽ざしは強いが、風が心地よい。少し登り返し、また下る。10時54分、鞍部に来る。海側の道脇の草原で休憩する。横になり休んでいる間に、うたた寝をしてしまう。ひなただが、風があるので気持ちがよい。ただ、そのため結構日焼けをしてしまった。知らないうちに1時間ほどの休憩となった。しかし、時間も早いし天気もよい。この草原をエンジョイするために来たのだ。何も焦って進むことはない。

水牛がくつろぐ草原
福徳山へ向けて草原をゆく
11時54分、歩き始める。すこし登りが続く。4Kの標識をすぎ、12時5分新しくできた展望台に着く。すぐ下は、駐車場だ。ここまで車で来れるので、遊楽客が多くなる。下って左に石観音寺への道を分ける。登り返して福德山を超える。下ったところで、12時23分左に蕃薯寮溪古道の入り口を見る。もともとの計画では、ここからこの古道をくだるつもりであった。ところが、かなりの不人気コースのようだ。二年半前に藍天隊が、道を整備をしたが、そのあとの歩行記録があまりない。登りの時の沢の水も多く、かなり渡渉があるこの道を行くのはちょっと不安だ。そこで、予定を変更して石畳歩道を下ることにする。そのまま草原の道を行き、12時30分涼亭に着く。大勢のハイカーが休んでいる。自分たちも休憩する。

蕃薯寮溪古道の入口
牛止め石柵の向こうに涼亭
今日は、凍らせて持ってきたビールがちょうど溶けて、実にうまい。昼食をとり、ゆっくり休む。13時10分、大溪へ向けて歩き始める。この先は遊楽客は少なくなる。ススキが多くなり、秋の到来を感じる。振り返れば、歩いてきた草原の向こうに彎坑頭山の芋虫のような山塊が望める。6年前に初めに大溪から登ってきて初めて桃源谷を望んだときは、霧がかかりはじめ全容が見えなかった。今日は、お釣りを払っても余るぐらい、全部が見渡せる。13時31分、土地公がある鹿窟尾尖への鞍部から下り始める。

ススキの分岐、前方右に鹿窟尾尖(右)、睏牛山
水洗トイレの休憩所
牛止めの石柵を過ぎ、13時41分休憩所にくる。ここは沢水を利用した立派な水洗トイレがある。少し休憩をとっている間に、もともと一緒に歩く予定だった二人が、貢寮から草嶺古道をへてやってきた。我々は、途中ながい休憩をとり、ゆっくり来たこともあり、追いついた。二人が速く歩いたことも、もちろん関係している。ここから、四人で下り始める。

@蕃薯寮山
大溪の集落を見る
数分下ると、石畳が敷かれた休憩所にくる。左に蕃薯寮山の山腹をまいていく古道がある。しかし黄色のテープで立ち入り禁止となっている。以前歩いているので、問題はないはずだが、今回は石畳道をそのまま行く。道は忠実に稜線を追って上り下りがある。14時11分、蕃薯寮山頂上(標高456m)に着く。先ほど歩いてきた、桃源谷の稜線がすでに遠い。右下には大溪の集落が見える。

桃源谷はすでに遠い
石畳道を下る
石畳道をさらに下っていく。この道は、蕃薯寮山の稜線を行くので、吾居吾墅歩道に比べると桃源谷の稜線に上がるには、結構歩く。距離も4㎞ほどで倍ある。14時29分、先ほど分かれた古道が合流する。ここも黄色のテープでふさがれている。標高は380mほどあり、登山口まではまだしばらくかかる。濡れた石畳は滑りやすい。14時37分、涼亭を通過する。左側に海が見えてくる。ジグザグの道をくだり、沢沿いに道が下りていくと、ほどなく登山口だ。15時5分、小公園わきの登山口に着く。わきに井戸があるので、汚れた長靴を洗う。時間に余裕があるので、大溪漁港へ歩く。そこで海鮮料理を食べ、17時過ぎの区間ローカル電車で帰京した。

登山口についた
大溪漁港から七兄弟山を望む
終日好天気で、実によい山歩きができた。時間的にも7時間の行動時間中3時間弱が休憩だ。台北近郊の山は結構歩いてきたので、かなりの部分がすでに歩行済みだ。以前に比べると、気持ちに余裕がある。今回のルートは、彎坑頭山の登りがきついが、そのあとは楽である。道もとても良い。クラス3だ。ただ、天気が悪いと避難する場所がない。特に冷たい雨風にさらされると、上記のように危険なこともある。天候には注意が必要だ。

2017-11-14

2017年11月11日 三峽溪南尖山 - 王公坑山縱走 霧雨の台北近郊低山

溪南尖山山頂にてメンバー全員、古い道標が残る
今年の11月、台北を含む台湾北部は天気がよくない。冬は大陸方面からの寒い東北風が湿った気候をもたらすが、秋のこの時期の悪天は残念だ。先月末の五泊六日能高安東軍縦走から帰った後、予定していた台北近郊の山行は中止か雨の中の歩きとなった。今回の山行も、もともとは岩壁登攀もある東北角への予定は、雨で滑りやすく危険度も高まるので、変更し台北の南に位置する三峽への山行に変更した。

東側の横渓からスタートし、時計周りに歩く
左のピークが溪南尖山
天気予報では、降雨率が台北北側よりも少し低かったが、霧雨も降るはっきりしない天気のもとの歩きとなった。目的地そのものは、三峽の奥の山々へ行く際に、第三高速道路からみていずれは行こうと考えていた場所である。白雞山の山塊の前にある、標高300mの溪南尖山だ。ただ、この山だけだとすくないので、稜線でつながっている王公坑山へ縦走した。溪南尖山は、そこそこ歩かれていて道も良いが、ひとたび離れると歩かれている程度はぐっと落ちる。幸い今年二月に藍天隊が道の手入れをしていたので、草を刈って進むようなことは必要がなかった。

天南寺山門の向こうに溪南尖山
8時半にMRT板南線の終点頂埔駅に集合、指定した出口には思っていたより多くの仲間が待っていた。今日は自分含めて14人だ。バスで登山口近くの橫溪へ向かう。十数分で到着。三峽行の705番バスで行ったが、台三線のバスは結構多いので便利だ。橋を渡る。左に溪南尖山が見える。橋を渡りすぐ左に路地を入る。またすぐ左の道を行く。天南寺の山門をくぐる。山門の向こうに見える溪南尖山は、どうみても尖の名がつくような尖った山ではない。どうしてこの名付けなのか。

結構よい道だ
少し上がり気味になった車道の左に登山口が見える。時刻は9時10分。藍天隊の道標は約40分で山頂とある。すぐに右に曲がり、登っていく。道は思っていたよりはるかによい。木製の桟道もある。そのうち勾配がきつくなり、尾根にとりつく。9時25分、広い平らな場所で休憩をとる。今日は、偶然に登山楽のグループもこの山の山行があり、そのメンバーと出会う。

補助ロープのある急坂
溪南尖山頂上
一線天、岩の間を行く
補助ロープの急坂を登る。9時58分、溪南尖山頂上に到着する。標高301mの頂上には、三角点が二つある。樹木の切れ目から、登山口方向が少し見えるが、その先は霧でかすんでいる。小休憩後下る。少し行くと、天幕がかかり椅子や机が置いてある。地元の人がもってきておいてあるのだろう。道は下りはじめ、まもなく姑娘廟への道を分ける。登山楽グループは、こちらを下っていったようだ。直進し、大岩の間を行く。ここは一線天と呼ばれているところだ。山腹を巻いていき、10時29分別の分岐に来る。直進すれば、天南寺に戻る。ここは左に折れ、王公坑山へ向かう。

倒木はやっかいだ
道の状態は、すぐに悪くなる。それまでの道に比べると明らかに、歩かれていない。しかし、マーカーリボンもしっかりしているし、稜線を追っていけばいいので迷うことはない。雑木林や桂竹の間を行く。幸い茅の草むらは多くない。しかし、濡れているのでズボンはたちまち濡れる。雨具をつけたほうがよかったが、いまさらはいても仕方がない。気温も高いし、問題はない。ところどころ現れる倒木や、倒れた竹は厄介だ。基本は下りだが、小さいの登り下りを過ぎていく。11時18分、左に産業道路への道を分ける。そこが最低鞍部で、登り返しが始まる。数十メートル登り返し、11時41分、王公坑山への稜線へ着く。少し休憩し、腹を満たす。

王公坑山の稜線へ向け登る、背後は溪南尖山
稜線の分岐
雑木林の稜線を進む
急坂を登る
分岐から左に進めば、すぐに稜線と並行して進む車道に降りられる。12時、王公坑山へ向け稜線を行く。稜線上の道も、程度は先ほどと同じように不人気コースの道だ。先に下っていく。補助ロープのついた急坂もある。そのあと、登り返し、小さな登り下りを過ぎていく。狭い尾根の部分もあるが、大部分は緩やかな尾根だ。雨は霧雨程度で、ほとんど問題ないが、シダの下草は濡れていて、ズボンを伝って水が長靴の中に入る。尾根の左は、白雞山だが、霧のなかで見えない。

展望点から望む、左に三峽の町と背後に鳶山、遠くは桃園
王公坑山頂上で休憩
最後に急坂を登ると、展望がきく小ピークに出る。三峽方向がよく見える。街の奥は、鳶山だ。更に数分尾根を進み、13時52分、王公坑山(標高176m)につく。尾根上の分岐から約2時間、直線距離は3キロもないが、そこそこ時間を要した。草原の頂上で休憩する。

手入れのよい保線路
竹の沢沿いを下る
車道を下る
14時22分、下山を始める。尾根を進み、保線路に出る。右にとり、手入れのよい保線路を下る。すぐに前方に送電鉄塔が現れる。右にまた、山道が始まる。下ると、すぐに小沢にそっていく。その後、登り返しが始まる。14時52分、私有地なので入るなという看板をみて、左に折れて登っていく。すぐに良い道に出る。それを下ると、大同路87巷の車道についた。

廣福寺わきを下る
道端の井戸水で汚れた長靴を洗い、車道を下り始める。途中、右に用水池を見る。少し登り返し、廣福寺を右に見ると、まもなく住宅街に着く。15時29分、大同路に出て右に曲がるとすぐ、バス停がある。そのうちバスがやってきた。往路と同じ頂埔駅から台北に帰った。

霧雨がときどき降る、濡れた山道であった。景色もほとんどないが、こうした山登りもまたありだ。一人ではつまらないが、仲間と歩くのもまた楽しいものだ。約8㎞の歩き、6時間半の行動時間だった。溪南尖山だけについていえば、クラスは2である。それ以外の部分は、踏あとがはっきりしていないので、経験者向けだ。体力的にはクラス3というところだ。